1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2007年6月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2007年6月号

金融市場

『金融商品取引法』政省令案の公表を受けて

BESTWAY事業部 上級コンサルタント 萩野康彦

金融商品取引法が9月に施行され、投資家保護が強化される。「適合性の原則」の徹底のため、顧客属性の統合的管理など、従来の個別商品毎の対応から横断的な対応への転換が求められている。

金融機関経営

銀行における株券電子化への取組み

金融ITマネジメントコンサルティング部 上級システムコンサルタント 内山浩一

2009年1月に株券電子化が実施されるまでに、後1年半を残すところとなった。銀行は、発行会社、担保権者などいくつかの立場で対応が必要となる。制度対応に向けた準備を行うとともに、将来的な預かり資産拡大に向けた顧客サービスの拡充を考える必要がある。

アセットマネジメント

資産運用会社の成長の鍵を握る投信顧客からの資金流入

金融ITイノベーション研究部 上席研究員

2006年度の日本の資産運用会社は、運用残高・運用収入・営業利益率どの数値とも2005年度に引き続き過去最高を記録した模様である。近年、投信顧客からの資金流入による収入増が資産運用ビジネスを牽引しているが、相場動向に左右される面も多く、その行方には脆弱性がつきまとうことに注意が必要である。

リテールビジネス

フィー型証券口座の提供を禁止した米連邦高裁判決

NRIアメリカ 上級研究員 吉永高士

米国では残高連動手数料型の証券取引口座の提供を禁止する連邦高裁判決が確定した。証券会社の既存口座内の預り資産は伝統的なコミッション口座かSMAなどのアドバイザー口座へ移管せざるを得なくなるなど、証券会社経営へのインパクトは小さくない。

海外トピック

「宗教と金融」の融合 -急拡大するイスラム金融─

金融ITイノベーション推進部 システムコンサルタント 荒巻奈留美

中東・アジアを中心としたイスラム圏で、イスラム金融が拡大している。この流れは既に非イスラム圏である欧米市場や金融機関に波及しており、日本における取組みについても、その姿勢が問われる。

数理の窓

役に立つ数学

榛葉清人

小学校の算数もカウントすれば高校卒業までの間に12年間、大学でも勉強していれば16年間も数学を勉強したことになる。