1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. 金融機関経営
  6. 欧州運用会社のリスク管理にみる日本への示唆

欧州運用会社のリスク管理にみる日本への示唆

2007年4月号

金融ITイノベーション研究部 副主任研究員 甲斐俊吾

欧州運用会社では、本邦と比べ高度なリスク管理が実現されている。その背景には、UCITSIII指令によるデリバティブへの投資許可とレバレッジ上限ルール設定の影響がある。今後、本邦運用会社によるデリバティブの活用が拡大すれば、欧州と同レベルの市場リスク管理が必要になるであろう。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

甲斐俊吾Shungo Kai

NRIプロセスイノベーション
データ・プロセッシングサービス部
標準化推進グループ GM

この執筆者の他の記事

甲斐俊吾の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています