1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

最新号目次(2019年11月号)

金融市場

大きく変わる経常収支の内訳と日本円の関係

未来創発センター 戦略企画室 佐々木雅也

日本の経常黒字は近年、その中心が、貿易黒字から所得収支の黒字へと変化しており、経常黒字の大きさが円高圧力に直結しなくなっている。そのため、地政学的リスクの高まりを背景とした原油価格の高騰が仮に起きると、貿易赤字が定着化し、円安要因となりかねない。

金融市場

竹端克利

MMTを巡る誤解と混乱

金融イノベーション研究部 上級研究員 竹端克利

異端の学説として紹介されることの多い現代貨幣理論(Modern Monetary Theory)。ただ、中身を冷静に紐解いていくと、言われるほどの「暴論」ではない。安易にマクロ政策論議に「応用」されてしまったのが、混乱の原因だ。

リスク管理

リスク・アペタイト・フレームワーク(RAF)の再点検

金融イノベーション研究部 上級研究員 川橋仁美

RAF構築に取り組んでいる国内金融機関では、フレームワークの実効性を高めるために様々な課題に直面している。本稿では、リスク・アペタイトの設定、リスク・アペタイト・ステートメント、リスク限度枠そして健全なリスク文化という4点に着目した。

アセットマネジメント

オルタナティブ・データを活用した不動産アナリティクス

ビットリアルティ株式会社 取締役 谷山智彦

不動産に係る意思決定は、データに伴う制約から直感に頼る部分が多かった。しかし、近年ではオルタナティブ・データ(非伝統的なデータ)を活用し、従来では捉えられなかった不動産の将来のリスクと機会を、高精度で即時的に把握できる不動産アナリティクスの実践に期待が高まっている。

デジタルイノベーション

人工知能(AI)による固有表現抽出

金融デジタル企画一部 上級コンサルタント 須賀直弘

自然言語処理技術の一つである固有表現抽出は、金融機関における文書チェックなど非構造化データを扱う業務の効率化や自動化を高める可能性がある。しかし、ソリューションを導入する際には処理精度に加えて業務視点からの検討が欠かせない。

数理の窓

柏木 亮二

量子コンピュータの福音

柏木亮二

以前(2015年12月)の本コーナーで「量子コンピュータの憂鬱」という文章を書いた。その際は、量子コンピュータが高速な素因数分解を可能にしてしまうことで、金融はじめ現在広く利用されている公開鍵暗号方式が安全な暗号方式としては利用できなくなるリスクについて解説した・・・

  • カテゴリから探す
  • バックナンバーから探す