1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

最新号目次(2017年12月号)

金融市場

日本は経済政策のリバランスが必要

金融ITイノベーション事業本部 エグゼクティブ・エコノミスト 木内登英

国民生活の質を一層高めるためには、イノベーションを促し労働生産性の向上をはかるなど、経済の潜在力を高めることが欠かせない。それを主に担うのは、金融政策ではなく政府の経済政策だろう。

アセットマネジメント

注目される英国の運用コンサルティング市場調査の行方

金融ITイノベーション事業本部 事業企画室契約研究員 國見和史

英競争・市場庁(CMA)が、年金基金などが利用する運用コンサルティングサービスの市場で競争を阻害する問題がないか検証を進めている。調査の結果によっては、手数料やパフォーマンスの透明化、競争入札の実施などが促進され、市場のダイナミクスが大きく変わる可能性もある。

アセットマネジメント

拡大するオルタナティブ・ファイナンス市場

ビットリアルティ株式会社 取締役 谷山智彦

クラウドファンディングに代表されるように、インターネットを通じて投資家と資金調達者を直接マッチングする金融手法が世界的に急拡大している。伝統的な金融システムとの対比から、これらは「オルタナティブ・ファイナンス」とも呼ばれ、日本でも今後、不動産の投資型クラウドファンディングを端緒として新しい金融市場が登場する可能性がある。

デジタルイノベーション

五十嵐文雄

FinTech対応からデジタルトランスフォーメーションへ

金融ITイノベーション事業本部 事業企画室 上席コンサルタント 五十嵐文雄

地域金融機関では、ここ1、2年FinTechとして様々な取り組みを進めてきたが、API提供にむけた整備などの目処も立ったことから、対応への一服感やFinTech疲れともいえる状態が見え始めている。だが、将来のビジネスを支えるデジタル世代顧客を取り込むためには、パーソナライズサービスを提供するための真のデジタルトランスフォーメーションが必要である。

米国金融市場

Yoshinaga

米国で再燃する「銀・商」分離見直し論と「ILC」問題

NRIアメリカ 金融研究室長 吉永高士

米国では一般事業会社による銀行保有につき、日本よりも総じて厳しい制限や禁止政策を長らく続けてきたが、フィンテック企業の台頭も相俟って、その見直しを求める声が民間のみならず一部金融当局者のなかからも強まっている。今日に至る「銀商」分離議論の歴史的経緯を敷衍するとともに、今後の展望を占う。

数理の窓

「言語ゲーム」を高次元空間に実現する

外園康智

『2人がチェス盤に向かっている。チェスをしているようにみえる。しかし、実際は、悲鳴や足踏みに対応して、駒を動かしているのかも知れない。・・(中略)・・そんなはずがないと思うだろうが、私たちは常識や経験をもとにしているだけで、2人が別の「ルール」に従っている可能性を否定できない。』