1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

最新号目次(2018年5月号)

金融市場

米国の保護主義が重くのしかかる世界経済

未来創発センター 戦略企画室 上級エコノミスト 佐々木雅也

トランプ政権が、今後、輸入面での保護貿易の実行や為替政策への介入といった形で通商政策の「実績」を積み重ねていくと、その「実績」は重石となって世界経済にのしかかってくることになると考えられる。

リスク管理

パブリック・クラウド活用に向けた意識変革

金融デジタルガバナンス部 上級コンサルタント 長堀大道

パブリック・クラウドサービスが世の中に現れてすでに久しいが、金融機関の業務システムにおいては、幅広く使用されているとは言いがたい。クラウドや各種Fintechサービスの有効活用に向けては、既存の社内基準がリスク偏重となっていないか、今一度点検を行うべきだろう。

アセットマネジメント

イメチェン進む投資信託

金融イノベーション研究部 上級研究員 金子久

投資信託は「タイミングが重要」、「高額の分配が得られる」といったイメージが強く、一部の人の利殖の手段としての利用が多かった。しかし、ここ数年は、以前に比べ安定的な資産運用の手段としての活用が広まっている。投信に対するイメージが徐々に変わりつつあり、個人の投信保有余地は高まっている。

セキュリティ

ブロックチェーンセキュリティ最前線

NRIセキュアテクノロジーズ セキュリティエンジニア 田篭照博

仮想通貨取引所に代表されるブロックチェーン関連ビジネスが盛り上がりを見せている一方で、セキュリティに問題があり、被害を受けるケースも増えている。ブロックチェーンを活用したシステムを開発する場合は、攻撃者視点にたち、多層防御を取り入れた上での、アーキテクチャや運用設計のリスクベースによる評価が必要である。

中国金融市場

神宮健

注目される中国の資産証券化業務

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

国家の重要政策分野では資金調達を一部シャドーバンキングに依存しており、シャドーバンキングの取締り厳格化の下で、資金調達が難しくなりかねない。そうした中で、資産証券化の利用が注目される。

数理の窓

学習は遺伝できるか?

外園康智

生物には、大きく2つの環境適応メカニズムがある。一つは、個体が生き残り子孫を残すことで遺伝子が変化する「進化」。もう一つは、各個体の経験や環境との相互作用を通して自らを作り変える「学習」だ。進化は、長期間かつ離散的な、現実空間上のハードウェア変更だ。一方、学習は、環境からどのような情報を取得するか決め、生存に必要な情報のロスを最小化(※1)することが目的の、短期間かつ連続的な、情報空間上のソフトウェア変更である。