1. HOME
  2. 刊行物
  3. 出版物
  4. 2019年
  5. 中国の金融経済を学ぶ
    加速するモバイル決済と国際化する…

中国の金融経済を学ぶ
加速するモバイル決済と国際化する人民元

  • 神宮 健、他 [著]
  • ミネルヴァ書房 発行
  • 2019年5月31日
  • 定価:本体3,000円+税
  • A5・264ページ
  • ISBN [978-4-623-08565-1]

これからの世界経済を読むために——
世界最大規模となった中国金融業の発展プロセスと構造的特徴を理解する。

主要目次

序 章 中国金融経済を学ぶ目的
1 中国金融発展のプロセス
2 中国の金融経済を学ぶ目的

第Ⅰ部 金融セクター発展の歴史
第1章 改革開放と中国の金融業

1 中国金融業前史
2 金融業における改革
3 金融業における対外開放
Column 1 海底油田開発の保険手配

第2章 中国金融制度の整備
1 中央銀行制度
2 金融機関
3 金融市場
Column 2 金融監督・金融機関幹部の党人事

第Ⅱ部 多様化する金融セクター
第3章 金融業の規制緩和と競争

1 金融業の管理体制と規制緩和
2 銀行業の規制緩和と競争
3 保険業の規制緩和と競争
4 証券業の規制緩和
Column 3 改革実験区域の指定と温州金融改革

第4章 政策金融と農業・農村金融
1 金融システムの健全化と政策金融
2 中国政策金融の歩みと特徴
3 農業・農村への資金供給
Column 4 三農問題に対応する新型農業経営体

第5章 国有企業改革からベンチャー企業支援へ
1 国有企業改革のツールとしての株式市場
2 限定的な市場開放の継続
3 ベンチャー市場で上場企業が増加する深圳市場
Column 5 2008年、中国におけるリーマン・ショック

第6章 不良債権処理と金融資産管理会社
1 不良債権の発生メカニズムと処理
2 不良債権処理のプロセスと長期化
3 不良債権処理業界の変容
Column 6 過剰債務とゾンビ企業

第7章 アセットマネジメントの急拡大
1 資産管理商品の概略
2 シャドーバンキングによる発展
3 変革期を迎える中国のアセットマネジメント業界
Column 7 中国の銀行神話と「剛生兌付」

第Ⅲ部 フィンテックと金融イノベーション
第8章 モバイル決済・インターネット金融の普及

1 モバイル決済の普及・拡大
2 他の金融業務のインターネット化
3 インターネット金融の役割と意義
Column 8 何が人を金融革新(イノベーション)に駆り出すのか

第9章 フィンテックの発展と最新動向
1 コンセプトと発展のきっかけ
2 中国におけるビッグデータの利用
3 証券業における人工知能(AI)技術の影響
4 中国におけるブロックチェーン技術の開発と応用
Column 9 ビットコイン(Bitcoin)と中国の水力発電開発

第Ⅳ章 金融セクターの国際化
第10章 中国金融業の海外展開

1 企業と金融機関による海外展開の加速
2 銀行の国際業務の展開:発展段階・要因の整理
3 中国の海外展開政策の転換
4 中国の銀行業の海外展開
5 中国の保険業の海外展開
6 金融機関の海外展開の新局面
7 今後の展望
Column 10 AIIBと中国のシルクロード(一帯一路)構想

第11章 為替管理と人民元の国際化
1 中国の為替管理制度の変遷
2 人民元の国際化の開始と進展
3 人民元為替レート制度の改革
4 人民元の現状と今後の展望
Column 11 中国の国際収支統計の特徴

終 章 経済成長、金融行政、金融政策の展望
1 米中の名目GDP逆転はいつ起きるのか
2 経済社会政策の形成構造
3 金融政策の有効性
4 金融危機は起きるのか


著者からのメッセージ

中国経済が世界経済に与える影響力が大きくなる中で、中国の経済・金融の動きは、もはや中国の専門家だけでなく、ビジネスに携わる人ならば一般常識として知っておかなければならないものとなっています。

ところが、実際の中国の金融についての報道を見ると、金融不安をむやみに強調するものであったり、その一方でキャッシュレス社会を表面的に取り上げるものであったりと、ある意味で情報過多となり混乱させてしまっているように感じます。

また、実務上の必要から中国金融の特定の分野を調べてみても、全体の中での位置付けがどうなっているのか、そもそもどういう経緯で現状に至ったのかがよくわからないという感覚を持つ人も多いのではないでしょうか。

中国の金融の全体像と本質を簡潔にバランスよくとらえるテキストの必要性が高まる中で、中国の金融の歴史、現状、課題について中国の経済金融の研究・調査に長く携わっている専門家10人が、各々の専門分野について執筆したものが本書です。

具体的には、改革開放前から今日までの中国の銀行を始めとする金融システムの発展を見た上で、中国の金融リスクとして取り上げられることの多い不良債権問題やシャドーバンキングなどについて解説しています。また、加速している金融の対外開放、人民元の国際化、さらには日本の先を行くFinTechの最近の動向についても論じています。

本書が中国の経済や金融を体系的に理解する上で、その一助となれば幸いです。

Writer’s Profile

神宮健Takeshi Jingu

金融イノベーション研究部
上席研究員
専門:中国経済・金融資本市場

注目ワード : FinTech(フィンテック)

注目ワード : 一帯一路

このページを見た人はこんなページも見ています