1. HOME
  2. 刊行物
  3. 出版物
  4. 2019年
  5. 世界経済、最後の審判-破綻にどう備えるか

世界経済、最後の審判-破綻にどう備えるか

  • 木内 登英 [著]
  • 毎日新聞出版 発行
  • 2019年3月7日
  • 定価:本体2,000円+税
  • 四六判・256ページ
  • ISBN [978-4-620-32572-9]
  • ソフトカバー

次のリーマン・ショックはいつ、どこで、どのように起こるのか。
元日銀政策審議委員としてアベノミクスに反対票を投じつづけた著者が、世界経済の行く末を占う。

主要目次

第1章 リーマン・ショックの傷跡
1 リーマン・ショックとは何だったのか
2 低下する世界経済の潜在力
3 ポピュリズムと金融危機の深い関係

第2章 危険は何度も現れる
1 過度な楽観論の再燃
2 債券市場こそバブルの震源地
3 なお残る銀行のドル調達問題
4 債務残高の増加と不確実な金融規制の効果
5 日本の銀行は脆弱化が進む
6 銀行はフィンテックで苦境に
7 次の金融危機は世界同時型

第3章 危機の引き金は何か
1 貿易戦争が経済・金融危機を引き起こす
2 米国によみがえる双子の赤字問題
3 異次元緩和とポピュリズム
4 デフレとの闘いは誤り
5 グローバルな財政拡張リスク

第4章 ポピュリズムと格差
1 リーマン・ショック後の所得格差
2 グローバルな労働分配率の変化
3 日本の労働分配率は低下傾向にない
4 欧州におけるポピュリズムの台頭

第5章 危機後の世界
1 政策対応の余地は限られる
2 日本銀行ETF買入れ策の出口戦略
3 危機後さらに強まる保護貿易主義
4 米中の争いと新たな国際秩序の模索
5 日本の対応を考える

Writer’s Profile

木内登英Takahide Kiuchi

金融ITイノベーション事業本部
エグゼクティブ・エコノミスト
専門:内外経済・金融

この執筆者の他の記事

木内登英の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています