1. HOME
  2. 刊行物
  3. 出版物
  4. 2017年
  5. 頑張れ、日本のデジタル革命 -社長が知らないITの真相2-

頑張れ、日本のデジタル革命 -社長が知らないITの真相2-

  • 楠 真 [著]
  • 日経BP社 発行
  • 2017年12月19日
  • 定価:本体1,800円+税
  • 四六版・392ページ
  • ISBN [978-4-8222-5823-8]
  • ソフトカバー

世界を飲み込むデジタル革命、日本が危ない!
「行動するITのご意見番」が根本原因と打開策を解き明かす待望の書

主要目次

序 章 デジタル革命で日本が危ない

第1章 米国発クラウド革命の正体

第2章 デジタル変革を阻むクラウド渓谷

第3章 主役はソフトウエア

第4章 日本の「特殊な」IT業界事情

第5章 イノベーションの舞台裏

第6章 デジタル変革を生き抜く


「ここが読みどころ」~筆者からのメッセージ

日経BP社のITproに書いている「強いITはここが違う」のコラムはおかげさまで連載100回を超えました。IT業界のいろいろな仲間たちと議論しながら、よもやま話をコラムにまとめてきた話をまとめて新著として発刊することになりました。

経営とITとの対話。ずっと私にとって大きなテーマであり、NRIの現場で繰り返し自問してきたことでもあります。ところが第4次産業革命ともいわれるデジタル革命によって、NRI流のスタイルがすっかり陳腐化しつつあります。デジタル革命の中身を知るにつけ、これまで成し遂げてきたビジネスモデルのあり方に根本的な危機感を持つようになりました。

新しい時代の競争力を握るのはソフトウェアです。企業と企業をつなげるエコシステムもソフトウェア。トップ通しの握手などなくても、ソフトウェアさえあれば企業と企業がつながってしまいます。

これから私たちが本格的に相手にすることになる第三世代プラットフォーム。ここへの対応がデジタルトランスフォーメーションです。どんな落とし穴があるのか。どんなことをすれば価値創造につながるのか。私なりに考えを尽くして書き連ねたつもりです。

第一世代、第二世代を通じて日本におけるITの世界はアメリカとは少し違った日本流が定着してきました。おそらく第三世代においても日本流第三世代プラットフォームができあがるに違いありません。そこへの道は日本流デジタルトランスフォーメーションです。デジタル革命の向こう側でも日本企業が輝く存在でいるために、「頑張れ日本のデジタル革命」です。

Writer’s Profile

楠 真Shin Kusunoki

理事

注目ワード : FinTech(フィンテック)

注目ワード : エコシステム

注目ワード : クラウド

注目ワード : BCP

BCPに関する記事一覧

注目ワード : API

このページを見た人はこんなページも見ています