1. HOME
  2. 研究員プロフィール
  3. 浦壁厚郎

浦壁厚郎金融ITイノベーション研究部
上級研究員

浦壁厚郎

資産運用業界の動向調査、資産運用会社の経営、および年金資産運用を専門とする。2004年NRI入社。コンサルティング本部にて国内金融機関のリスク管理、建設会社の財務戦略立案、消費財メーカーのマーケティング・プロセス改革等のプロジェクトに参画。2008年より資産運用に特化した調査・コンサルティング業務に従事し、国内系/外資系運用会社に対する各種テーマのコンサルティング・プロジェクトを推進。また企業年金の資産運用コンサルタントを務め、各種の計量分析,ポートフォリオ構築支援、マネジャー・セレクション支援などのサービスを提供。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

専門

  • 資産運用会社の経営効率性分析,競争戦略分析
  • 年金資産運用の動向
  • 機関投資家ポートフォリオおよび資本市場の計量分析,リスク管理

略歴

コンサルティング事業本部 コンサルタント

主な出版物

  • 『銀行のグループ経営 そのビジネスと法規制のすべて』(共著、金融財政事情研究会、2016)
  • 『資産運用の本質 ファクター投資への体系的アプローチ』(共訳、金融財政事情研究会、2016)
  • 『グローバル投資パフォーマンス基準のすべて』(共訳、東洋経済新報社、2013)
  • 「外資系資産運用会社のビジネス特性を読み解く」(週刊金融財政事情、2015年8月31日号)
  • 「グローバル・マンデート運用-年金ポートフォリオへの導入の価値と影響-」(証券アナリストジャーナル、2010年9月号)
  • 「アジア資産運用ビジネスの拡大と日系運用会社の対応」(月刊資本市場、2010年6月号)

執筆記事