1. HOME
  2. 研究員プロフィール
  3. 大崎貞和

大崎貞和未来創発センター
主席研究員

大崎貞和

日本及び世界の資本市場について、主として法制度の観点から研究しています。本職に加えて、東京大学大学院法学政治学研究科の客員教授を務めるなど、大学での教育・研究活動に携わっているほか、金融庁の金融審議会委員、経済産業省の産業構造審議会臨時委員など政府諮問機関のメンバーとなっています。証券取引所や証券市場の自主規制機関である日本証券業協会における制度改正の検討にも参加しています。

専門

  • 証券市場規制
  • 会社法

社外活動

東京大学法学政治学研究科客員教授、早稲田大学ビジネススクール客員教授、筑波大学大学院ビジネス科学研究科客員教授、内閣府・規制改革会議委員、金融庁・金融審議会委員、経済産業省・産業構造審議会臨時委員、金融庁・企業会計審議会専門委員、東京都・公金管理委員会会長代理

主な出版物

  • 『ゼミナール金融商品取引法』(共著、日本経済新聞出版社、2013)
  • 『証券市場のグランドデザイン』(共著、中央経済社、2012)
  • 『公開会社法を問う』(共著、日本経済新聞出版社、2010)
  • 『解説金融商品取引法』【第3版】(弘文堂、2007)
  • 『金融構造改革の誤算』(東洋経済新報社、2003)
  • 『検証アメリカの資本市場改革』(共著、日本経済新聞出版社、2002)
  • 『株式市場間戦争』(ダイヤモンド社、2000)
  • “The Evolution of Insider Trading Regulations in Japan” in Paul U. Ali and Greg N. Gregoriu ed. Insider Trading: Global Developments and Analysis, CRC Press, 2009.
  • The Murakami Fund Incident and the Regulation of Collective Investment Schemes, Zeitschrift fuer Japanisches Recht, Nr. 25 (2008).
  • Reforming Japan’s Capital Markets, Public Policy Review, Vol.1, No.1 (March 2005).
  • Reprinted in Katuri Nageswara Rao ed. Financial System in Japan, Tha Icfai University Press, 2008.
  • “Legal Issues Concerning the Use of the Internet in Securities Markets: The Japanese Case” in Toshiyuki Kono, Christoph G. Paulus and Harry Rajak ed. Selected Legal Issues of E-Commerce, Kluwer Law International, 2002.

執筆記事