1. HOME
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 「モンゴル金融資本市場整備計画」の策定支援プロジェクトを開始…

「モンゴル金融資本市場整備計画」の策定支援プロジェクトを開始

2017年05月22日

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本臣吾、以下「NRI」)と株式会社日本取引所グループ(本社:東京都中央区、取締役兼代表執行役グループCEO:清田瞭、以下「JPX」)は、欧州復興開発銀行(European Bank for Reconstruction and Development、以下「EBRD」)が主宰する「モンゴル金融資本市場整備計画策定支援プロジェクト」(以下、「本プロジェクト」)を、5月22日から開始しました。

本プロジェクトの目的は、EBRDが「日本・EBRD協力基金※1」による資金協力を基に、コンサルタントを採用してモンゴルにおける「金融資本市場の整備計画」を策定することです。このたび、NRIおよびJPXの合同チームが当該コンサルタントとして選定されました。今年10月のプロジェクト完了をめどに、モンゴルの金融資本市場が抱える諸課題の特定や、それらの課題の解決策導出と将来に向けた提言作りなど、モンゴル金融資本市場の長期的な整備計画の策定支援を行います。金融資本市場分野に関する技術協力において、EBRDが日本企業をコンサルタントとして選定したのは、今回が初めてです。

詳細は、野村総合研究所 ニュースリリースをご覧ください。