1. HOME
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 日経平均オプション取引に係る限月取引の拡充に対応し、「I-S…

日経平均オプション取引に係る限月取引の拡充に対応し、「I-STAR」に新機能を追加

2015年05月11日

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:嶋本正、以下「NRI」)は、金融機関向けに提供しているホールセール証券業務バックオフィスソリューション「I-STAR」に、「Weeklyオプション(※1)取引」の取り扱い機能を新たに追加します。これは、2015年5月25日に大阪取引所で設定される予定の「日経平均オプション取引に係る限月取引の拡充(Weeklyオプションの導入)」に対応するものです。

I-STARは、約定入力から決済、会計処理、法定帳簿作成まで、証券業務のバックオフィスに必要な機能を幅広く提供しています。株式・債券・投信・デリバティブ・外国証券など多様な商品における、現物・信用・貸借など各種取引の管理に対応しています。NRIのデータセンターで運用・提供を行う共同利用型のサービスであるため、ユーザーは自社でシステムを構築するよりも、導入・運用コストを削減できるだけでなく、制度改正や新商品に着実に対応できます。
I-STARの詳細 

今回I-STARに新機能を追加することにより、ユーザーはWeeklyオプション取引の約定入力ができ、以下のポストトレード処理が可能となります。

  • 建玉限度額管理/証拠金管理/市場照合/決済照合/会計計上
  • マーケットルールに準じた法定帳簿や対外報告帳簿の作成

NRIは今後も、制度改正や新商品に対応し、I-STARの機能を拡充していきます。

※1 Weeklyオプション:日経平均株価を対象としたオプション取引において、第2金曜日以外の各週の金曜日に満期日を迎える限月取引のこと。通常オプション(第2金曜日に満期日を迎える限月取引)に加えて設定された。