1. HOME
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 資産運用会社向けソリューションSmartBridge Adv…

資産運用会社向けソリューションSmartBridge Advanceにおいて、投資顧問業務向けのサービス提供を開始~国内で初めて投資信託業務と投資顧問業務の約定一括処理を実現~

2013年03月27日

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、資産運用会社の約定処理業務を支えるシステムソリューション「SmartBridge Advance (スマートブリッジ・アドバンス)(以下、「本サービス」)」を、2013年3月から投資顧問業務向けに提供開始しました。

資産運用会社では、会計基準が異なるため、投資信託業務と投資顧問業務の会計システムが分離されており、社外からの約定データをそれぞれの会計システムに取り込む機能が自社システム等で個別に構築されています。このため、システムメンテナンスの負荷に加えて、オペレーションの負荷が大きくなっています。
今回、投資顧問業務向けに本サービスの提供を開始するとともに、国内で初めて、投資信託業務と投資顧問業務の約定処理プロセスを一括で処理することを可能としました。