1. HOME
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 国内の証券化商品の割引スプレッドに関するデータを提供する「N…

国内の証券化商品の割引スプレッドに関するデータを提供する「NRIコンセンサススプレッドサービス」を開始

2010年10月06日

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本正、以下「NRI」)は、国内の資産を裏付けとする証券化商品(CMBS、RMBS、ABS※1)の割引スプレッド※2に関するデータを提供する「NRIコンセンサススプレッドサービス」※3を、10月7日に開始します。このサービスは、大手機関投資家および大手証券会社から、国内の証券化商品について、裏付け資産の種類別、格付けランク別、年限別といった区分別に、割引スプレッド情報を月次で収集・統計処理し、主要関係者のコンセンサスとしてのスプレッド水準を示すデータに加工して、機関投資家等に月次で提供するものです。

詳細は野村総合研究所のサイトをご覧ください。

※1 CMBS、RMBS、ABS:CMBS(commercial mortgage backed securities)は商業用不動産ローン担保証券、RMBS(residential mortgage backed securities)は住宅ローン担保証券、ABS(asset backed securities)は、ここではその他の貸付債券担保証券のこと
※2 割引スプレッド:国債やスワップ金利等のベンチマークとなる金利から、金融商品の信用力等に応じて上乗せされる金利のこと
※3 NRIコンセンサススプレッドサービス:NRIでは本サービスに関連した特許を出願中