1. HOME
  2. ナレッジ&インサイト
  3. Thought Leaderに訊く
  4. 2010年
  5. グローバル金融機関が実践するロケーション・ストラテジー

グローバル金融機関が実践するロケーション・ストラテジー

2010年02月

日本の金融制度には、日本特有のルールが存在しており、グローバルスタンダードの世界に身をおく外資系金融機関にとっては、理解するのに時間を要することもしばしばである。そういったルールは徐々に取り払われつつあるが課題も多い。グローバルスタンダードをよく知るゴールドマンサックス証券の星野氏に語っていただいた。

語り手

ゴールドマンサックス証券株式会社 マネージングディレクター 業務統括本部長
星野 好幸氏

1985年 ゴールドマンサックス証券東京支店入社。東京証券取引所の第1次会員権解放による日本におけるビジネスの立ち上げや、日本国債の取引への参加などを業務部門一筋でキャリアをつむ。債券業務部長。その後、メリルリンチ証券、ドイツ証券を経て、2005年から再び同社。現在、日本および韓国の業務部門を担当。インドやシンガポールへのオフショアリングへも積極的に取り組む。日本国債清算機関の社外取締役も兼務。

聞き手

株式会社野村総合研究所 投資銀行サービス事業部 グループマネージャー
平中 直也

1989年 野村総合研究所入社。海外向け証券システムの開発に従事。その後オープン系プラットフォームによるワークフローシステムの開発を経て、1994年よりホールセール証券会社向け統合バックオフィスシステム「I-STAR」の営業・マーケティングを担当。現在はグループマネージャーとして、外資系投資銀行及び日系ホールセール証券向けにソリューションを提供。

-本文はPDFをご覧ください-

注目ワード : T+1

注目ワード : 日銀ネット

注目ワード : 株券電子化

注目ワード : DVP

DVPに関する記事一覧

注目ワード : CDS

CDSに関する記事一覧

注目ワード : 社外STP

  • 2010年01月01日 ソリューション一覧 SmartBridge

社外STPに関する記事一覧

注目ワード : PTS

このページを見た人はこんなページも見ています