1. HOME
  2. ナレッジ&インサイト
  3. Thought Leaderに訊く
  4. 2007年

Thought Leaderに訊く

金融マーケットの世界で、先進的な取り組みをされていらっしゃる有識者の皆様に、日ごろ考えていらっしゃることについて語っていただきました。プロフェッショナルの視点には、日本の金融マーケットの競争力強化へのヒントが散りばめられています。
※組織名、職名は対談当時のものです。

2007年一覧

お客様との接点を多様化

2007年12月

語り手

三菱UFJ証券株式会社
営業企画部 課長 菊池 美洋氏

聞き手

株式会社野村総合研究所
MUプロジェクト部長 山崎 仁志

ウェブ口座開設の再構築を進めてきた三菱UFJ証券。10月1日、そのリニューアル版をリリースした。これは、新たな顧客層が現れてきたことに対応したものだ。営業現場は変化し続けており、システム構築に時間がかかり過ぎると、リリース前に陳腐化する懸念が生じる。すなわちスピードが求められるのだ。この再構築をスケジュール通りに5ヶ月でまとめあげた営業企画部の菊池氏に、多様化する顧客層への対応及びITの推進について語っていただいた。

ITは金融サービスを支える以上の役割

2007年11月

語り手

株式会社インスパイア
代表取締役社長 成毛 眞氏

聞き手

株式会社野村総合研究所
金融ITイノベーションセンター長 兼 証券システム事業本部副本部長 楠 真

IT活用はビジネス戦略を遂行する上で、必要不可欠だ。これはどの業種にもあてはまるが、特に金融分野においては、サービスの付加価値向上に向けた活用が積極的に進められている。そこで、金融、ITの両分野においてプロフェショナルであるインスパイア代表取締役社長の成毛眞氏に、今後期待されるIT活用について語っていただいた。

投資家の代表としての意識を持って投信を販売

2007年10月

語り手

株式会社千葉銀行
支店支援部 部次長 近藤 篤氏

聞き手

株式会社野村総合研究所
BESTWAY事業部長 二村 修

地方銀行で投信販売トップを走り続ける千葉銀行。販売残高は6000億円を突破した。販売残高の増加とともに、お客様の投資信託に対する知識も高まり、質問が高度化しているという。そのような質問に回答できる力がトップの原動力であろう。その原動力について、この快進撃を先導する支店支援部の近藤氏に語っていただいた。