1. HOME
  2. ナレッジ&インサイト
  3. 研究員の時事解説
  4. 木内登英のGlobal Economy & Policy I…
  5. 米国長期金利上昇、株価下落は財政・通商政策の規律を取り戻せる…

米国長期金利上昇、株価下落は財政・通商政策の規律を取り戻せるか?

2018年02月14日

米国財政政策の規律を取り戻すきっかけが見えない

トランプ政権は2月12日、2019年会計年度(2018年10月~2019年9月)の予算教書を議会に提出した。昨年末に導入を決めた大型減税の影響で税収が落ち込む一方、国防費(前年度比+7%)や公共事業関連費を上積みする結果、歳出は前年度比+5%の増加となり、財政赤字はおよそ1兆ドルの9,840億ドルと、7年振りの水準まで膨らむ。

予算教書は大統領の税財政方針を示すもので強制力はない。しかし、本来ならば財政規律を重視する傾向が強い共和党が、予算教書と同様に国防費や公共事業関連費の拡大に前向きである一方、野党民主党は社会保障費の拡大に前向きであり、もはや米国の財政政策に規律を取り戻すきっかけが見えない状況である。

過度な積極財政政策は米経済の安定を損ねる

足もとで、世界の株式市場を揺るがすきっかけとなった米国長期金利上昇の背景には、①日本や欧州での金融政策正常化観測、②1月分米雇用統計を受けた賃金上昇圧力の高まり観測、に加えて、③米国での拡張的な財政政策による財務省証券市場の需給悪化懸念や、それに保護主義的な貿易政策が加わることによるインフレ懸念、④ドル安による海外からの資金流入鈍化懸念、などがある。

トランプ政権は10年間で1.5兆ドル規模の大型減税の導入を決めた直後に、10年間で1.5兆ドル規模のインフラ投資拡大の方針を一般教書演説で示している。連邦予算からの支出は2,000億ドル(半分は州政府などのインフラ投資への補助金)、残りは地方政府と民間の支出で賄うとしている。

さらに、12日にトランプ大統領は、米国に対して極めて不公正な貿易慣行をしていると見なされる貿易相手国には報復関税を課す考えを改めて示した。

トランプ大統領は、苦戦が予想される今年11月の中間選挙を強く意識し、大統領選挙キャンペーン中の公約を果たそうとして、こうした税財政政策、通商政策を次々と打ち出している。しかし、米国経済が需給ひっ迫の領域に入りつつある中で、そうした政策を短期間で重ねて実施するのは、さらなる需給の逼迫を招き、経済の安定性を損ねてしまうだろう。

米金融政策には積極引き締めよりもビハインド・ザ・カーブのリスク

また、こうしたインフレ圧力を高める積極財政政策や保護主義的な貿易政策の実施は、ポリシーミックスの観点から、より積極的な金融引き締め策を招くとの見方もあろう。しかし実際には、FRB(米連邦準備制度理事会)では、今後もハト派が本部理事に指名されていくことによって、積極的な金融引き締め策が封じられるとの見方もある。つまり、積極的な金融引き締め策がなされないことで、積極財政政策や保護主義的な貿易政策による中長期的なインフレ懸念が抑制されないという、ビハインド・ザ・カーブ(後手に回る)観測、あるいはドル安に伴う海外からの資金流入の鈍化が回避できないといった観測が、米国長期金利の上昇を促している面があるものと思われる。

このように、政府に対して健全な税財政政策、通商政策を促すような政治的な力学が働かない一方、その弊害を軽減するような金融政策運営も期待できないのが現在の米国であり、それこそが長期金利の顕著な上昇を促し、株価下落を生じさせている背景とも言える。

金融市場の悪い反応が財政健全化の原動力となったレーガン時代の経験

ところで80年代のレーガン政権第1期には、大型減税政策が双子の赤字を招き、それが長金利の上昇やブラックマンデーのような株価下落を生じさせた。その結果、健全な財政政策の重要性に関する国民の意識が高まって、2期目の財政健全化策へと繋がっていった面がある。つまり、市場の動きが健全な政策運営を政府に強く促すという市場メカニズム、あるいは市場の自浄作用が働いたのである。

足もとでの米国長期金利上昇、それに伴う株価下落が、同様に過度に拡張的な財政政策や保護主義的な通商政策を政府に自制させる方向に働く可能性も考えられる。この点から、不安定な金融市場の動きが、税財政政策、通商政策に関する世論や政府、議会の政策当事者らの考えに与える影響については、今後、大いに注目しておきたい。それが、金融市場が安定を取り戻すきっかけの一つともなりえるだろう。

Writer’s Profile

木内登英Takahide Kiuchi

金融ITイノベーション事業本部
エグゼクティブ・エコノミスト
専門:内外経済・金融

この執筆者の他の記事

木内登英の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています