1. HOME
  2. 金融市場パネル

2009年3月にスタートした「金融市場パネル」は、2012年に「日中金融円卓会合」、2015年に「国内金融の活性化に向けた研究会」を加えて、3つの会合から成る会議体へ発展しつつ、議論の成果を発信しています。

会議体全体の目的は、金融危機後に大きな変貌を遂げた主要国の経済構造やそれを取り巻く金融市場や金融システムにおいて、金融経済に関わる政策が当局の意図に沿った効果を発揮するとともに、望ましくない副作用を起こさないようにするために、研究者や実務家と政策担当者というそれぞれの専門家が、政策ニーズの認識、政策理論の研究、政策の企画や遂行といった役割を分担しながら情報や意見を交換し合うプロセスに貢献することです。

わが国では、少なくともこれまでは、理論と実務の双方の視点から情報を交換し、意見を述べ合うのにふさわしい場が必ずしも十分整っていたとは言えない面があります。この点は、世界的な金融危機とその後の金融経済の構造変化に関する理解や対応において、理論的枠組みに関する知見、金融市場や金融システムの動向に関する分析、政策実務に関する経験などの面での課題を浮き彫りにしているように思われます。

3つの会合から成る会議体は、こうした限界や制約を打開するため、理論と実務の専門家が金融経済の最新の動向や理論の発展に関する知見を適切に共有しながら、望ましい政策を議論するために運営されます。

すなわち、「金融市場パネル」、「日中金融円卓会合」、「国内金融の活性化に向けた研究会」は、「中央銀行の政策」、「日中の金融経済の課題」、「商業銀行機能の課題」というように各々異なる領域を対象に議論し、各会合の参加メンバーも各々異なる分野の専門家により構成されます。一方で、各々の会合における議論は内容面で密接に関連し合う面もありますので、事務局としては、議論の内容や成果を適切に共有するとともに、テーマや論点を一体的な視点から運営するように努めて参ります(下図をご参照下さい)。その上で、最初にスタートした「金融市場パネル」が掲げてきた3つの目標、すなわち、①中立的で客観的な立場からの議論、②国内外の専門家との幅広い成果の共有、③専門家によるコミュニティ形成への貢献は、拡大した会議体においても大切に維持して参ります。

全体の会議体がより的確な議論を行っていく上では、金融市場の現場や金融経済の分析、金融経済に関わる政策に携わっておられる皆様からのご意見という支援が不可欠です。今後とも、よろしくご指導いただきますようお願いいたします。


金融市場パネル全体像


金融市場パネル

金融市場パネル

「金融市場パネル」(Financial Markets Panel)は、金融危機後に変化した金融経済の下で、先進諸国の中央銀行が直面する政策課題を認識し、解決の道を探るため、政策立案の経験を有する有識者、マクロの金融経済に関する研究者、金融機関や金融市場の実務家からなる常任メンバーにお集まりいただいて野村総合研究所が開催する研究会です。現在は四半期に1回程度の頻度で会合を開催しています。

国内金融の活性化に向けた研究会

バンキングパネル

「国内金融の活性化に向けた研究会」(Research Forum for Revitalization of Financial Intermediation in Domestic Economy)は、変化する金融環境と技術環境の下で、日本の商業銀行による金融仲介の課題を認識し、変化の方向を探るため、政策立案の経験を有する有識者、金融機関や金融市場の実務家から成る常任メンバーにお集まりいただいて野村総合研究所が開催する研究会です。2015年夏から2017年春にかけて第一期の活動を行った後、第二期の開催に向けて準備を進めています。

日中金融円卓会合

日中金融円卓会合

「日中金融円卓会合」(Japan-China Financial Roundtable)とは、日中双方の金融経済が直面する課題に関する理解を共有し、双方の経験や知見を活かして解決の道を探るため、野村総合研究所が中国のシンクタンクである「中国金融40人論壇」と共同で開催する研究会です。2012年6月に北京で第1回会合を開催して以来、原則として年1回のペースで開催しています。