1. HOME
  2. 導入事例
  3. 証券会社
  4. スピードと安全性を低コストで両立:分散キャッシュ技術ソリュー…

スピードと安全性を低コストで両立:分散キャッシュ技術ソリューション

2012年10月01日

お客様名 株式会社SBI証券 様

スピードと安全性を低コストで両立

日本におけるオンライン総合証券会社の先駆けとして知られるSBI証券。口座数、預かり資産残高、株式委託売買代金それぞれ、インターネットトレード業界トップを誇っています。年々増え続ける口座数とともに取引データ量も膨らむなか、データ処理のスピードと安全性を低コストで両立させるために、同社が選んだのがNRIの「分散キャッシュ技術ソリューション」でした。

事例概要

お客様の課題

  • データ量が増加しても処理スピードは高めたい。
  • データベースサーバーを減らしてコストを抑えたい。
  • 常に安全性を確保したい。

導入の決め手

  • NRIの研究・評価の裏づけ、安全性の担保。
  • これまでの支援実績に基づくNRIへの信頼。ともにより良い仕組みをつくっていこうとする姿勢。 

導入までの流れ

  • 2006年に検討開始。2008年9月よりプロトタイプ作成。2009年4月に導入プロジェクト開始。2011年1月稼働。

導入後の効果

  • データ量が増えても安心していられる。 
  • データベースサーバー増設といった無駄な投資を回避できた。ランニングコストも削減。

お客様プロフィール

SBI証券
お客様名:株式会社SBI証券
事業内容:オンライン証券
創業:1944年
導入ソリューション:分散キャッシュ技術ソリューション
導入場所:フロントシステム

 

導入ソリューション 分散キャッシュ技術ソリューションとは?

さまざまな業界の業務システムにおいて、データ処理速度を高めたり、データ連携を効率化するソリューションです。米国VMware社の「VMware vFabric GemFire」(株式会社日立製作所が提供)に、NRIが独自に開発したミドルウェアを組み合わせて提供します。お客様の既存システムへの影響を極力抑えたかたちで導入できるとともに、安全性も高い点が特長です。

担当部署

証券ITソリューション事業本部 事業企画室
e-mail:nri-gemfw@nri.co.jp

このページを見た人はこんなページも見ています