1. HOME
  2. NRI金融IT部門について
  3. 私たちのミッションとビジョン
  4. 業界標準ビジネスプラットフォームとしての責任

業界標準ビジネスプラットフォームとしての責任

NRIは、証券、資産運用、銀行、保険、などの金融業界で受託システム開発や、運用アウトソーシング、共同利用型サービス(ASP SaaS型)といったITソリューションを提供しています。中でも共同利用型サービスは、所有から利用へというITサービスのトレンドを先取りしたNRI独自のサービス形態で、各分野における業界インフラとして標準的にご利用いただいています。今日、日本のマーケットで毎日取引される株式トレーディングの50%以上、日本国債の30%以上、投信の70%以上がNRIの管理するアプリケーションサービスを利用して取引されており、それらアプリケーションサービスはすべてNRIのデータセンターで稼働しています。

金融業界においては金融の円滑化、投資家保護等の点からさまざまな法律や制度があり、これらは年々変更されています。こうした法制度・規制に準拠するため、ITシステム全体の正確性と連続性に対するニーズは非常に高いレベルが求められております。NRIはそれらの法制度・規制の情報をすばやく獲得し、ソリューションへ反映させています。NRIソリューションを利用される金融機関は、スムーズに新しいビジネスを取り込むことができるのです。

金融商品取引法施行以来、金融庁は金融機関が利用するベンダーに対する管理監督責任を厳しく見るようになっておりますが、NRIの標準的なソリューションはそうした監督官庁の要請に最大限こたえられるレベルのサービスレベル契約に基づいてご提供させていただきます。また、NRIのソリューションは、高度なセキュリティーが保証されたNRIのデータセンターにおいて運用されています。時代の要請であるディザスターリカバリーやビジネス継続の面でも高度なサービスのご提供が可能となっております。

NRIは「業界標準ビジネスプラットフォーム」を提供するベンダーとして、金融機関のビジネスを支えるソリューションを高度化させ、提案し続けます。

業界標準プラットフォームとしての責任
 

このページを見た人はこんなページも見ています